Story.3 利用者様を支えるチーム。岡 郁子|Ikuko Oka アースケアプラン藤枝
TOP > 人を知る > story.3 岡 郁子

憧れを見つけた瞬間。

story.3利用者様を支えるチーム。
  • 利用者様を支えるケアマネの姿が目標に

    利用者様を支えるケアマネの姿が目標に

  • 私が介護職に就くきっかけとなったのは、2000年の介護保険制度が開始されるときでした。当時住んでいた町でヘルパーの養成講座を開始するということでしたが、初めての制度で応募者が少ないこともあり、是非応募してもらえないかというお声をいただきました。資格取得後、ご恩返しのつもりでそのまま市の社会福祉協議会に入り、訪問関係のヘルパーになりました。当時は現在のように業種が分かれておらず、皆がすべての業務を行っていました。障害者支援施設や通所リハビリテーションを経験し、ケアワーカーとして働いていた頃、とても印象的なケアマネージャーがいました。頻繁に施設にお見えになり、とても丁寧に利用者様の様子を見ていらっしゃいました。職員と利用者様と一つになり、利用者様の状態が改善されていくのを一緒に喜ぶ姿を見て、いつしか憧れの職業になりました。目指すところはそこかなと思い始めたのです。資格取得までの間はデイサービスの立ち上げ準備と重なっていた時期でしたが、無事資格を取得し、ケアマネージャーになることができました。
  • ケアマネとして成長し続けたいという想い。

    ケアマネとして成長し続けたいという想い。

  • ケアマネージャーとして様々な施設を経験していきましたが、さらに経験を積みたいという想いで転職を考えた頃アースを知りました。アースに入社後、研修でいくつかの事業所を回った先では職種の異なる職員とお話する機会をいただけ、常に会社のバックアップがあるという安心感がありました。
    経験を重ねていくうちに、グループホームでの業務が中心だった私は、ケアマネージャーのスキルとして居宅介護の経験がないことに非常に負い目を感じるようになりました。ご自宅にいらっしゃる方々を支える居宅介護は、非常に細やかな気配りが必要で、県の研修などで多くのケアマネージャーが集う場に行きますと「自分にはまだスキルが足りないな。」と感じていました。「ケアマネージャーになったからには居宅支援をしたい。」という思いが強くなり、自ら居宅介護支援事業所への配置転換申し出ました。私のキャリアプランを考慮していただき、アースケアプラン藤枝に異動となり現在に至ります。

story.3利用者様を支えるチーム。

利用者様を中心に、一つのチームになりたい。

利用者様を中心に、一つのチームになりたい。

『地域包括ケアシステム』が数年前から求められています。市役所、包括支援センター、病院、主治医、社協などいろんな方が関わり合い利用者様を支えていくという考え方なのですが、市役所の方には市役所の方の目線、包括支援センターの方には包括支援センターの方の目線があり、なかなか対等な協議が難しい現実を感じています。上下関係ではなく、一人の方を支援する『仲間』としての雰囲気づくりに挑戦していきたいと思っています。
「困難なことがあっても絶対に辞めないよ。やめてしまったら一からのやり直しだから、今の困難をどう解決していくかを考えたいんだよ。」と口癖のようにおっしゃる上司の言葉に度々支えられてきました。
気分転換としてはお休みの日は自宅でのんびり過ごし、職場では昼食後に職員の皆でラジオ体操をしています。ラジオ体操は職員さんの一声がきっかけです。経験豊富な方が多いのでアイデアや提案が普段からよく出ます。「良いことだからやってみようよ。」と皆で気軽に始められる雰囲気も好きです。
日々の業務
日々の業務

日々の業務

1day Schedule
AM9:00 出勤
検温、出勤者同士の声掛け、朝一のお電話やアポイントなどスケジュールの確認、訪問の準備をして一日の仕事の流れをつかみます。
AM10:00 面談
利用者様やご家族様と面談をします。多くはサービス変更や現状受けているサービスでのお困りごとのご相談で、助けになるサービスの提案をします。
PM12:00 昼食
できるだけお昼は事務所に戻り、職員皆で昼食を摂ることを心がけています。スケジュールによっては12時半~13時頃になることもあります。
PM3:00 モニタリング
利用者様のお宅へ訪問し、組み立てたサービスで快適にお過ごしできているかモニタリングをします。介護保険上の決まりで毎月1回以上伺います。

ページの先頭へ↑

top